お葬式の形を知ることが大切

お葬式の形を知ることが大切

いずれは訪れる近しい人との別れは経験するととても悲しいものです。一般的に故人とのお別れは葬儀に参列する事でできますが、最近はお葬式も色々な方法をとる事が多くなっているため、知らないうちに亡くなられてすでに葬儀や納骨まで完了していたという事もたびたびある事です。これは、昔から行なわれていた大規模な葬儀ではなく、家族葬や少人数で行える葬儀など、従来通りの葬儀ではなくコンパクトに行える葬儀が増えてきている事も関係しているようです。特に、家族葬だけでもたくさんのスタイルが出来上がってきているため、火葬式のような通夜と告別式をやらない、小規模で費用がかからない方法などを選ぶ人も増えてきています。

特に葬儀の費用だけでみると、費用もリーズナブルになっているため、葬儀自体も小さくさみしいものになってしまうのではないかという不安を抱えている人も多くいます。しかし、葬儀を家族や近親者のみで行う葬儀はとてもアットホームで居心地のいい環境で故人とお別れができるという点からも、家族葬や火葬式など、小規模なお葬式を選択する人が多くなってきているのです。葬儀の形が多様化してきている分その費用の面でもだいぶ変化があります。昔のように数百万円かかるものから、数十万円で済んでしまうものまで多種多様となっているため、葬儀を選ぶ時にはしっかりと葬儀の内容や付属してくる備品の種類まで確認してから依頼をするようにしましょう。費用にだけ目が行って、肝心のサービスを見ていないと依頼してから初めて付属の金額がかかるなど、支払いの段階になってからのトラブルが生じる事があります。無用なトラブルを避けるためにも、依頼する前にしっかりと確認をしてから依頼するようにしましょう。

お葬式は残された家族が責任を持って行うものと思っている人も多くなっていますが、最近は故人が生前からしっかりと段取りをしておくなど、終活を積極的に行っている人が増えてきている事も影響して、枠にとらわれない自由なお葬式が増えています。最近人気の終活では実際に棺桶に入ってみるなど、自分がいなくなった後の事を考えるきっかけをつくる事ができるという点でも、葬儀社の講演などを積極的に聞きに訪れる人が多くなっています。その時に様々なお葬式の形を目にする事で、自分はどういう風に送られたいかなどを詳しく想像するきっかけにもなるので、日頃から家族で葬儀についての会話を積極的に行っておく事が大切です。

INFORMATION

2018年06月14日
ホームページを更新しました。